管理薬剤師になるには?

管理薬剤師 → 管理薬剤師を目指そう

管理薬剤師を目指そう

薬の調剤に関わる薬剤師の中でも、特別に管理薬剤師と呼ばれる人たちがいます。それは医薬品を管理する立場にいる薬剤師のことです。この管理薬剤師は法律で薬局やドラッグストア等に設置することが義務付けられているのです。
管理薬剤師求人サイト

一般の薬剤師は調剤業務を行ったり、薬の飲み方を患者さんに指導するなどの仕事があります。それに加えて管理薬剤師は薬の取り扱い等を管理する業務を行うのです。

ただ、管理薬剤師といっても特別な資格が必要なわけではありません。薬剤師の資格を持っていて、その職場で管理薬剤師として認められれば管理業務を行うことができるのです。

でも管理する立場というのは一般の薬剤師よりも責任が重くなりますから、誰でもいいというわけではもちろんありません。調剤薬局における管理薬剤師であれば、調剤業務の他に医療事務的なことも分かっていないといけません。それだけでなく、保険やレセプトに関する知識も必要になるでしょう。

また医薬品の卸業における管理薬剤師なら、薬事法に関わる知識も必要とされます。これらの知識を持っていて、なおかつ管理者として適任だと認められれば管理薬剤師として働くことも可能になるでしょう。

また何人かの薬剤師やスタッフをかかえる薬局やドラッグストアでは、スタッフの管理や棚卸しといった仕事もすることがあります。これらの仕事は薬剤師になったばかりの人では難しいので、だいたい3年以上経験を積んだ薬剤師が任されるケースが多いようです。

より責任ある立場で仕事をしてみたい人や、仕事の幅をもっと広げたいと思う人は、管理薬剤師の仕事が向いているでしょう。人や物を管理する業務ですから、適正があるかどうかも重要なポイントです。

薬剤師として調剤薬局やドラッグストアで働き始めたなら、いずれ管理薬剤師になることを目標にして、知識を吸収したり管理業務に携われるように人間的な魅力を高めるように努力するのも良いでしょう。どんな知識が必要になるかは職場によって異なりますから、その職場で必要な知識をしっかりと身に付けることが大切です。

管理薬剤師と薬事法の関わり

薬剤師の仕事は薬事法という法律と深く関わっています。薬事法というのは、医薬品や医療機器等を取り扱う際の決まり事を定めた法律で、これらの関係者は遵守しなければなりません。

薬事法の中で、薬局やドラッグストア等には管理薬剤師を置かなければならないことが定められているのです。これは法律ですから、どんな薬局でも守らなければなりません。

医薬品を仕事として扱う人たちは、健康や生命に関わることですから細心の注意を払って仕事に携わらなければなりません。医薬品の管理などを行う管理薬剤師はとても重要な仕事です。

ドラッグストアでは日用品と一緒に医薬品が販売されていますが、医薬品を陳列する際には薬剤師が行わなければならないなどの決まりがあります。

薬事法は管理薬剤師についてだけではなく、医薬品について幅広く定めた法律です。薬は正しく使えばとても有益なものですが、誤った使い方をすると健康を損ねる恐れがあります。ですから薬事法で厳格に定める必要があるのですね。

また薬事法の対象となっているのは薬だけではありません。化粧品や、シャンプー・歯磨き粉などの日用品にも関係があるのです。医薬品や医薬部外品という表示を見かけたことがあると思いますが、この表示があるものは薬事法で成分表示が義務付けられているのです。薬以外でも、直接皮膚に触れるものなどは高い安全性が求められますから、法律で保護されているのですね。

また、薬事法と関連の深いものとして、登録販売者制度があります。これは2006年に定められたもので、登録販売者がいれば薬剤師が不在であっても医薬品の販売が可能になるというものです。ここで言う医薬品とは、第二類と第三類になります。第一類の医薬品についてはこれまで通り、薬剤師がいなければ販売できません。

ちなみに医薬品は副作用の大きさなどにより上記の種類に分けられています。薬剤師がいないと第一類が販売できないので不便だと思われるかもしれませんが、多くの医薬品は二類・三類になりますので、実際にはあまり影響はありません。